40年経ったピアノの元の持ち主は・・・?

川口市柳崎 岩下音楽教室 岩下春江です。

 

前回のブログでは、40年経ったピアノを生徒さんが使い始めた、というお話でした。

 

(前回ブログはこちら→)

 

 

このピアノの元の持ち主を生徒さんはよく知っています。

 

 

それはだれかというと、

 

 

お分かりかと思いますが、わたくし岩下です。

 

実家にあったピアノです。

 

私が小学生の時から高校生まで練習していました。

 

大学に入ってからも、実家に帰った時は練習していましたが

 

高校までが、このピアノに一番お世話になったのでした。

 

高校卒業と同時に一人暮らしを始めたので

 

ずっと、母がピアノを守ってくれていました。

 

ふたの中にある調律の記録では

 

定期的に調律をしてくれていたことが分かります。

 

ほこりもつかないように、しっかりと保護してくれてありました。

 

 

状態が良かったのは母の想いあってのこと。

 

 

だからこそ、このピアノを手放せずにいました。

 

でも、そろそろ使われないピアノもかわいそうという気持ちも

 

芽生え始めていました。

 

 

毎日弾かなくなって20年以上経っています。

 

使ってくれる人がいるなら、その人の元に行って

 

大切にしてもらえれば、と思いました。

 

 

私は、中古ピアノが好きです。

 

前に弾いていたひとの想いが詰まっていることと

 

木がなじんでいるというか、味が出ていると感じるからです。

 

この橋渡しをしてくれるのはお世話になっている

 

YKピアノファクトリ―の一級調律師小林泰浩さん

 

立派によみがえらせて、また新しい道を歩めるよう導いてくれました。

 

 

ピアノは生きているとつくづく感じます。

 

 

生徒さんも、お店で買うのとは違う感覚をあじわったのではないでしょうか。

 

そして、これからも、何かしら自分の気持ちとリンクさせて

 

ピアノと付き合っていくのだろうと思います。